MENU

 武勇伝を話て自慢するつもりが、同僚にドヤ顔で話されて瀕死の重傷を負ってしまったような感じでした。
今まで素人だと思っていたのは業者の派遣した女性だったようで、それが分かって極度のショックを受けてしまったのです。
しかし、失意の中でも、素人とセックスをしている同僚から話を聞けば、俺も同じ事できるかもしれないという光明もありました。
同僚は本当の素人の女性とセックスを楽しむことができているらしいのです。
割り切りでお金を渡すこともあるけれど、タダマンを決め込むことだって可能らしいのです。
「素人は素晴らしいぞ、エロい反応とか見るとやったら気持ちが盛り上がっちゃってさ、チンコビンビンにして突っ込んじまってるんだよな」
「それ本当にそんな関係作る事ができるのか?」
「これは嘘なんて言ってないよ。
実際に素人とセックスなんて確実にできるって断言できるね」
こうまで言われてしまって、頭クラクラって感じがしたのです。
もし本当に素人と快楽を共有できるのだったら、その方法を教えてもらいたいという気持ちになりました。
逆に武勇伝を語られる形にはなってしまいましたが、彼の話を聞くととても素晴らしく感じてしまったのです。
「援デリなんか金の損だからさ、俺がもっと良い方法を教えてやろうか?」
「本当か?頼むよ、マジで頼むよ」
思わず頭を下げつつお願いしてしまったのでした。
「俺は出会い系サイトを使っているんだよ。

ここだったら業者もいないし、素人の女たちが集まってきているからな。
だからいろいろな出会いを楽しむことができるんだぞ。
素人のアヘ声は最高だぞ」
出会い系サイトを利用する、ここでちょっとだけ疑問が出てきてしまったのです。
出会い系サイトって安全なのか?と思ってしまったのでした。